コッコの歌詞和訳ブログ

17歳のお子ちゃまが自分の韓国語勉強のために翻訳を殴り書きするブログです。あまり見つめないでください。ツイアカ (@f9_kny)

テヨン(TAEYEON) Time Lapse 歌詞 和訳 日本語訳 カナルビ

 

よじょに くでろじょ
여전히 그대로죠
まだそうなんでしょう

せんいるん みょっ ぼんっしぎな ぢなっご
생일은 몇 번씩이나 지났고
誕生日は何度も過ぎて

ぶんみょん な よくし ちょぐむ ど
분명 나 역시 조금 더
明らかに私はやっぱり少し

おるに どぇ いっぬん ご がっとぅんで
어른이 돼 있는 것 같은데
大人になったみたいなのに

 

 

あじくど のえ く いるむる っとおるりみょん
아직도 너의 그 이름을 떠올리면
まだあなたのその名前を思い出すと

ぬんむり めっちご
눈물이 맺히고
涙が浮かんで

ちゃむしまん ぬぬる がむみょん
잠시만 눈을 감으면
しばらく目を閉じると

に もすび ぼいご
니 모습이 보이고
あなたの姿が見えて

もどぅん げ びょねがど
모든 게 변해가도
すべてのものが変わって行っても

のまぬん はんさん がっとぅん じゃりえそ
너만은 항상 같은 자리에서
あなただけはいつも同じ場所で

っとぅがっとぅん もすぶろ げそく なる うるりょ
똑같은 모습으로 계속 날 울려
同じ姿でずっと私を泣かせる

 

よじょに くでろじょ
여전히 그대로죠
まだそうなんでしょう

げじょるん みょっ ぼんっしぎな びょねっご
계절은 몇 번씩이나 변했고
季節は何度も変わって

いじぇん の おんぬん いるさんえ
이젠 너 없는 일상에
もうあなたのいない日常に

ちょぐむん いくすけじる ぼぷど はんで
조금은 익숙해질 법도 한데
少しは慣れても当然なのに

 


あじくど のえ く いるむる っとおるりみょん
아직도 너의 그 이름을 떠올리면
まだあなたのその名前を思い出すと

ぬんむり めっちご
눈물이 맺히고
涙が浮かんで

ちゃむしまん ぬぬる がむみょん
잠시만 눈을 감으면
しばらく目を閉じると

に もすび ぼいご
니 모습이 보이고
あなたの姿が見えて

もどぅん げ びょねがど
모든 게 변해가도
すべてのものが変わって行っても

のまぬん はんさん がっとぅん じゃりえそ
너만은 항상 같은 자리에서
あなただけはいつも同じ場所で

っとぅがっとぅん もすぶろ げそく なる うるりょ
똑같은 모습으로 계속 날 울려
同じ姿でずっと私を泣かせる

げそく なる うるりょ
계속 날 울려
ずっと私を泣かせる


くれ いびょりらん げ
그래 이별이란 게
そう 別れというものは

だ くろん ごじ むぉ
다 그런 거지 뭐
みんなそんなようなものなんでしょう

はむっけよそ へんぼけっどん ぎおく
함께여서 행복했던 기억
一緒で幸せだった記憶

もどぅ じうぉ がぬん ごっ
모두 지워 가는 것
すべて消えていくもの

 

はじまん いっじゅりょ はみょん くろる ってみょん
하지만 잊으려 하면 그럴 때면
だけど忘れようとするとそんな時には

ぬんむり めっちご ぬんむり めっちょ
눈물이 맺히고 눈물이 맺혀
涙が浮かんで 涙が浮かぶ

めっちょじん く ぬんむる うぃろ
맺혀진 그 눈물 위로
浮かんだその涙の上で

たし にが ふるご
다시 니가 흐르고
再びあなたが浮かんで

しがぬん もむちょじご
시간은 멈춰지고
時間は止まって

えっそ すむぎょわっどん なえ まうみ
애써 숨겨왔던 나의 마음이
せっかく隠してきた私の心が

じょよんひ こげる とぅるご
조용히 고갤 들고
静かに顔を上げて

えたぬん もくそりろ たし のる ぶるろ
애타는 목소리로 다시 널 불러
切ない声でまたあなたを呼ぶ

くれ さらんいらん げ
그래 사랑이란 게
そう 愛というものは

だ くろん ごじ むぉ
다 그런 거지 뭐
みんなそんなようなものなんでしょう

はんさん しじゃくぐぁ っくっとぅん
항상 시작과 끝은
いつも始まりと終わりは

だるらど のむ だるご
달라도 너무 다르고
違っても あまりにも違って

くれ いびょりらん げ
그래 이별이란 게
そう 別れというものは

ぬる はんさん くろんじ むぉ
늘 항상 그렇지 뭐
いつもそうなんでしょう

ど ぎぴ さらんはん
더 깊이 사랑한
より深く愛した

まうむる ちゃじゃわ うるりょ
마음을 찾아와 울려
心を訪ねて来て泣かせる

くれ いびょりらん げ げそく なる うるりょ
그래 이별이란 게 계속 날 울려
そう 別れというものはずっと私を泣かせる

 

 

 


聴いたときからいい曲だとは思っていましたが自分で訳しながら聴いて泣きそうになりました。そう、こういうのを待っていたんだ… ありがとうテヨン氏……

この曲、歌詞に英単語は入れないで純粋に母国語だけで勝負に出ていますよね。英単語で語呂を合わせたりせず曲と歌詞がぴったり合っているところが魅力的だと思います。